[戻る]
一括表示

お彼岸について 投稿者:サマル 投稿日:2014/03/23(Sun) 12:59:38 No.8144

学生時代の友人の母が昨年末に亡くなりました。大変お世話になった方
でして、また世間的にはお彼岸の期間でもあるので墓前にお花を手向けたいと考えております。仏壇に手を合わせるのは抵抗を感じるのですが、墓前に献花は亡くなった方へ敬意を表す意味で良いことではないかと思うのですが、どう思われますか。

Re: お彼岸について 投稿者:あぶ管理人 投稿日:2014/03/25(Tue) 08:39:59 No.8145

亡くなった方に敬意を表することはいいことですが、まずお彼岸という仏教の定めた宗教行事に従い墓前に行くことはムスリムとして好ましくないと思います。

その期間、その作法(合掌や献花)ではなく、敬意は自分の心の中だけにし、行動にあらわさないのがいいのではないでしょうか?

Re: お彼岸について 投稿者:通り 投稿日:2014/03/25(Tue) 22:24:50 No.8148

確かにお彼岸は仏教行事なので、良くないと思いますよ。
でも、何もしないのは日本で生活している以上、人として
どうなの?というところはあると思います。
亡くなった方への敬意や感謝は表わすべきです。
ただ、石や写真の前で拝んだりしない方法で。

その友人を慰めたりプレゼントしたりお母様の思い出話を
一緒にしたり、そんな事でどうでしょうか?

Re: お彼岸について 投稿者:サマル 投稿日:2014/03/26(Wed) 05:46:00 No.8152

皆様、レスありがとうございます。
私も最初お彼岸を仏教だと思っていたのですが、よく調べるともとはシルクロードを経て伝わった、
生を終えた後の世界を願う考え方に基づいているという説もあるようなんです。それを日本の仏教が取り入れた
とのこと。思案の末に行くことに決め、20年ぶりに会った旧友と墓前に花を手向けた後、昔話に花を咲かせてとても良い時を
過ごすことが出来ました。彼は昔も今も自分は無宗教だと言っているのですが、
「宗教は信じないけど、宇宙や人間を創った唯一の存在は信じてるよ」と言います。
いつの日か彼とマスジドに行ける日が来て欲しいと願ってます。
イスラム教国でない日本では時々この国の古き良き習慣と自分の宗教が
ぶつかる時があり、悩ましい思いがします。

Re: お彼岸について 投稿者:モスレム 投稿日:2014/04/12(Sat) 04:02:11 No.8199

サラームンアライクム
こういうホームページが存在することを
たまたま知り、この投稿を読ませていただきました。
ずいぶん前の話のようですが、意見を投稿させてください。、 
我々イスラム教徒の文化にもよくよくたどると、ゾロアスター教などに由来する文化がたくさんあります。
先月はナウルーズでした。これは、いまではイスラム教の祝日となっていますが、もともとはゾロアスター教に由来する祭りのようです。
日本人のイスラム教徒の皆さんの社会ももっと成熟し、あらゆる事が確立されてくれば、日本に古くからある伝統や習慣の中でも、これはイスラームに合っている、これは相応しくないと、選択されるようになっていくでしょう。これは仏教に由来するから、これは神道に由来するからというだけの理由で、日本で共有されている習慣や文化を拒絶するのは私は賢明ではないと思います。なぜならそういう態度は決して日本人の社会で受け入れられないからです。まずは調べるべきだと思います。そして明確にイスラームに反していると分かれば拒否すべきですし、どちらとも言えない文化ならむしろ取り入れるべきです。その国に住むなら。
私たちの先祖もそうしてきたのではないかと思います。サマルさんがそれを調べて、日本のその習慣の由来にたどり着いたのは知の極みだと思います。尊敬いたします。

- WebForum -