イスラム掲示板


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 8277
タイトル Re^4: 割礼の意義について
投稿日 : 2014/05/14(Wed) 03:04:48
投稿者 通りすがり
参照先
男性だけでなく、女性たちに対する割礼が横行していますね。何もかもが滅茶苦茶なんです。


あなたが受けた割礼も、律法を守ればこそ意味があり、律法を破れば、それは割礼を受けていないのと同じです。

だから、割礼を受けていない者が、律法の要求を実行すれば、割礼いなくても、受けた者と見なされるのではないのですか?そして、体に割礼を受けていなくても律法を守る者が、あなたを裁くでしょう。
あなたは、律法の文字を所有し、割礼を受けていながら、律法を破っているのですから。
外見上のユダヤ人がユダヤ人でなく、また、肉に施された外見上の割礼が割礼ではありません。
内面がユダヤ人である者こそユダヤ人であり、文字ではなく、霊によって心に施された割礼こそ割礼なのです。

その誉れは人からではなく、神から来るのです。

ところが今や、律法とは関係なく、しかも律法と預言者によって立証されて、神の義が示されました。

人が義とされるのは、律法の行いによるのではなく、信仰によると考えるからです。


割礼の有無は、問題ではなく、大切なのは神の掟を守ることです。


割礼を受ける人全てに、もう一度はっきり言います。そういう人は、律法全体を行う義務があるのです。
割礼の有無は、問題ではなく、愛の実践を伴う信仰こそ大切です。

実は、不従順な者、無益な話をする者、人を惑わす者が多いのです。特に、割礼を受けている人たちの中に、そういう者がいます。その者たちを沈黙させねばなりません。



福音

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
画像UP
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -