[戻る]
一括表示

バクリルについて 投稿者:Ninja 投稿日:2018/06/17(Sun) 23:58:28 No.4052

アッサラーム・アライクム。

外国人ムスリムから、
「イードとバクリルには、赤ん坊も含めて男女ともすべてのムスリムはモスクに行かなければならない。」
と教えられました。

私はインターネットで検索しましたが、バクリルについての情報を私は見つけることができませんでした。

(1) バクリルとはどのような行事でしょうか。
(2) 時期はいつでしょうか。
(3) イードの礼拝には新しい服を着ていくことになっていると聞きましたが、そのような決まりはバクリルにもあるでしょうか。

よろしくお願いします。

Re: バクリルについて 投稿者:あぶ管理人 投稿日:2018/06/19(Tue) 09:52:35 No.4054

バクリルという言葉を聞いたことがありませんが、内容からして、イードルアドハ(犠牲祭)のことでしょうか?

イスラムには二つのイードがあります。
1、イードル・アドハ 日本語で犠牲祭と訳しましょうか。それ以外の言い方として、アル・イードル・カビール(大イード)。イスラム暦の12月10日です。
トルコなどではクルバーンとよばれたり、インド・パキスタンではバクル・イードと呼ぶこともあるようです。
おそらくバクリルとインド、パキスタンの人たちが言ったならバクル・イードのことでしょうか?バクルとは牛のことです。

2、イードル・フィトル 日本語で断食明け祭と訳しましょう。これは先日終わったばかりです。イスラム暦の10月1日です。

これらの二つのイードは法学派により参加に関する法が違います。
マーリキ法学とシャフィイー法学ではスンナ・ムアッカド。強く奨励。
ハンバリー法学ではファルド・キファーヤ。社会に課せられた義務で、必ずどこかで行われていること。
ハナフィー法学は義務です。

「すべてのムスリムはモスクに行かなければならない」というのはハナフィー法学ですね。
恐らく、インド、パキスタンの方々から聞いたことではないでしょうか?

新しい服を新調するというのは、法では定められておりませんが、
年に一度のイスラムの祭りイードの時くらいは、新調した一張羅の服で行きたいものです。

Re^2: バクリルについて 投稿者:Ninja 投稿日:2018/06/19(Tue) 13:31:58 No.4056

管理人さま。

このことは、インド人のムスリムから聞きました。

詳しいお答えをありがとうございます!







> バクリルという言葉を聞いたことがありませんが、内容からして、イードルアドハ(犠牲祭)のことでしょうか?
>
> イスラムには二つのイードがあります。
> 1、イードル・アドハ 日本語で犠牲祭と訳しましょうか。それ以外の言い方として、アル・イードル・カビール(大イード)。イスラム暦の12月10日です。
> トルコなどではクルバーンとよばれたり、インド・パキスタンではバクル・イードと呼ぶこともあるようです。
> おそらくバクリルとインド、パキスタンの人たちが言ったならバクル・イードのことでしょうか?バクルとは牛のことです。
>
> 2、イードル・フィトル 日本語で断食明け祭と訳しましょう。これは先日終わったばかりです。イスラム暦の10月1日です。
>
> これらの二つのイードは法学派により参加に関する法が違います。
> マーリキ法学とシャフィイー法学ではスンナ・ムアッカド。強く奨励。
> ハンバリー法学ではファルド・キファーヤ。社会に課せられた義務で、必ずどこかで行われていること。
> ハナフィー法学は義務です。
>
> 「すべてのムスリムはモスクに行かなければならない」というのはハナフィー法学ですね。
> 恐らく、インド、パキスタンの方々から聞いたことではないでしょうか?
>
> 新しい服を新調するというのは、法では定められておりませんが、
> 年に一度のイスラムの祭りイードの時くらいは、新調した一張羅の服で行きたいものです。

- WebForum -