イスラム掲示板


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 4056
タイトル Re^2: バクリルについて
投稿日 : 2018/06/19(Tue) 13:31:58
投稿者 Ninja
参照先
管理人さま。

このことは、インド人のムスリムから聞きました。

詳しいお答えをありがとうございます!







> バクリルという言葉を聞いたことがありませんが、内容からして、イードルアドハ(犠牲祭)のことでしょうか?
>
> イスラムには二つのイードがあります。
> 1、イードル・アドハ 日本語で犠牲祭と訳しましょうか。それ以外の言い方として、アル・イードル・カビール(大イード)。イスラム暦の12月10日です。
> トルコなどではクルバーンとよばれたり、インド・パキスタンではバクル・イードと呼ぶこともあるようです。
> おそらくバクリルとインド、パキスタンの人たちが言ったならバクル・イードのことでしょうか?バクルとは牛のことです。
>
> 2、イードル・フィトル 日本語で断食明け祭と訳しましょう。これは先日終わったばかりです。イスラム暦の10月1日です。
>
> これらの二つのイードは法学派により参加に関する法が違います。
> マーリキ法学とシャフィイー法学ではスンナ・ムアッカド。強く奨励。
> ハンバリー法学ではファルド・キファーヤ。社会に課せられた義務で、必ずどこかで行われていること。
> ハナフィー法学は義務です。
>
> 「すべてのムスリムはモスクに行かなければならない」というのはハナフィー法学ですね。
> 恐らく、インド、パキスタンの方々から聞いたことではないでしょうか?
>
> 新しい服を新調するというのは、法では定められておりませんが、
> 年に一度のイスラムの祭りイードの時くらいは、新調した一張羅の服で行きたいものです。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
画像UP
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -